プロテクションフィルムの素材

プロテクションフィルムの素材

プロテクションフィルムの素材 プロテクションフィルムに使用される主な素材は、基本的にポリウレタンという樹脂です。
透明感を保ちながらある程度の厚みも伴うので、車体を保護するために向いています。
飛び石などが当たったとしてもまず凹むのはポリウレタンの方なので、車体にまで届きにくいという仕組みです。
またそのポリウレタンの中にもいくつかの種類があり、高分子化して強度を高めたり、紫外線を受けても黄ばみにくいなどの異なる特徴があります。
それらを重ね合わせて1枚に成形してあるプロテクションフィルムも多いです。
プロテクションフィルムは車体に貼り付ける必要がありますが、その接着剤の役割はアクリル系の素材が担っていることが多いです。
一般的にも糊が残りにくく剥がしやすいという強みを持ったシールなどに多く使われていて、プロテクションフィルムであってもその特徴は変わりません。
よほどアクリルとの定着性が良かったり、車体から取れやすい塗料を使っていない限り、必要なくなったら簡単に剥がすことができるでしょう。

車の塗装面のガードに有効なプロテクションフィルムについて

車の塗装面のガードに有効なプロテクションフィルムについて プロテクションフィルムは、車専用のカーフィルムでボディーの塗装面を保護する事が可能となっています。
バンパーやドアノブなど様々な場所に施工する事が出来る利便性があります。
プロテクションフィルムの大きな利点としては、塗装面を傷や汚れから保護出来る点です。
飛び石などにより塗装面に傷が入ってしまったり、紫外線を浴び続けて塗装面が痛む心配もあります。
その他にも黄砂や季節によって様々な外的要因が挙げられます。
プロテクションフィルムを車のボディーに施工しておくと、これらの傷や汚れから保護して美しい状態を維持して、マイカーに乗る事が可能です。
フィルム自体も傷が付いたり、汚れてしまいますが交換も可能となっています。
フィルムに傷や汚れが付いた場合には、新品に張替える事で見た目も復元出来ます。
大切なマイカーのボディーは、出来る限り長く綺麗に保ちたい所です。
プロテクションフィルムであれば、塗装面をガードして美しさをキープ出来ます。