フィルムで傷から守る

フィルムで傷から守る

フィルムで傷から守る 自動車のボディはいつもキズがついてしまう危険性があります。
自分では気をつけていてもキズついてしまう飛び石は防ぐ事が難しいです。
特に高速道路などスピードが出ているために、前の車が巻き上げた砂やタイヤに挟まっている小石が飛んできます。
もし小石が飛んでくるとボディの塗装が剥がれる事にもなります。
カーコーティングをしていても限界がありますので、しっかり守るならプロテクションフィルムを施工します。
プロテクションフィルムはとても薄く透明性が高いもので、耐光性もありますので塗装面を守ります。
ボディの前面部分だけプロテクションフィルムをするという方方もあり、キズがつきやすい部分に施工するといいです。
フロントバンパーやボンネット、ドアノブなどの場所に施工して傷から守ります。
より綺麗な状態を維持するならシーズンごとに貼り替えるとより効果的です。
高い技術力によって曲面でも貼ることができ、新車時にプロテクションフィルムを施工するといいです。

用途に合わせたプロテクションフィルムの製品を選ぶことが大切

用途に合わせたプロテクションフィルムの製品を選ぶことが大切 自動車のボディーを守るために最近ではガラスコーティングを行う人も増えていますが、このガラスコーティングは汚れには強い反面、非常にその皮膜が薄いため傷等にはあまり効果がないと言うこともわかっています。
特に強い衝撃を受けた場合にはこれを和らげることができず、コーティングの剥がれ等が発生することもあるので注意をしなければなりません。
そのため最近ではプロテクションフィルムによる保護を行うと言う人も増えており、直接ボディーが汚れることを防ぐほか衝撃吸収にも一定の効果があるため様々な場面で用いられるようになっています。
ただしプロテクションフィルムには様々な製品があり、その用途も異なるため最適なものを選ぶことが必要です。
ガラスコーティングのように汚れを防ぐことを秋に考えられているものから、様々な衝撃を受けることを想定しそのダメージを減らすことを中心に設計されているものまで様々で、またそれぞれにメリットとデメリットがあるため十分に注意をしなければなりません。
その特徴を理解し用途に応じて使うことが、良いプロテクションフィルムの使い方となります。