プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

プロテクションフィルムとガラスコーティングの違い

プロテクションフィルムとガラスコーティングの違い プロテクションフィルムとガラスコーティングは全く異なるものです。
プロテクションフィルムは傷を防止するために厚みのある特殊なフィルムでボディを覆うことを言います。
小石などが飛んできたときなどに、プロテクションフィルムが衝撃を吸収分散させ、ボディに傷が入るのを防ぎます。
プロテクションフィルムに傷がついても、小さな傷であれば自然に元に戻る力があります。
そして売却の際にフィルムを剥がせば綺麗なボディが維持されているために、査定額アップが期待できます。
これに対して、ガラスコーティングというのは、ボディを傷から守る効果も期待できますが、それが第一の目的で行うものではなく、クルマのボディに美しい輝き与えるために行うものです。
紫外線や鳥の糞などからボディを守る効果も期待できますが、飛んでくる小石から傷を守るのは難しいでしょう。
ただ、3年から5年程度の耐久性があり、美しい輝きを長く維持できるのが大きな魅力です。

プロテクションフィルムサービスで傷からボディを守る

プロテクションフィルムサービスで傷からボディを守る クルマのボディは走っているうちに、いつの間にか小さな傷がついてしまうものです。
ボディの小傷は仕方がないと割り切っている人もいるでしょう。
しかし、いつもボディを綺麗に磨いているクルマ好きに取ってみれば、小さな傷でも耐え難いことかもしれません。
小傷からクルマを守る何か良い手はないのでしょうか。
このような要望に応えるべく生まれたのが、プロテクションフィルムです。
薄い透明なプロテクションフィルムでボディを包むと、外的な衝撃を吸収・分散させることができます。
これにより小石が飛んできても、キズが付きにくいのです。
ガラスコーティングのようにボディを美しく輝かせることを目的としたものとは、全く異なるコンセプトのもとに開発されています。
また、伸縮性が高いので三次曲面でも施工がしやすいのも特徴です。
ただDIYで施工するには、難易度が高いので、プロテクションフィルムサービスを希望するなら、専門業者に施工してもらうのがおすすめです。