プロテクションフィルムなら当サイトにお任せ!

車のボディの美しさを守るためには傷や紫外線から保護することが大切です。
最近は透明度の高いプロテクションフィルムでボディを保護する人が増えています。
一度施工をしておくと、長期にボディを保護できるのが魅力ですが、フィルムを貼ったままとなると洗車はいつものようにできるのかも気になるところです。
ここからは、フィルムを施工するメリットや洗うときの注意点について書いていきます。
施工を検討している人は参考にしてください。

プロテクションフィルムを成功している車の洗車の注意点

プロテクションフィルムを成功している車の洗車の注意点 新車のときには美しかったボディも、長く使っているうちに少しずつ劣化が目立ってきます。
経年劣化もある程度は仕方がないことといえますが、できることなら新品の時の輝きを長く保ちたいものです、そこで、最近はプロテクションフィルムでボディを保護することも注目されています。
プロテクションフィルムを施工した場合は、洗車が今までと同じようにできるのかも気になるところですが、フィルムは水にも強いので安心して洗車できます。
とはいえ、洗車機で洗うとフィルムに傷ができてしまう可能性もあります。
プロテクションフィルムをできるだけ長持ちさせるなら、手洗いで優しく汚れを落とすことがおすすめです。
高圧洗浄機や回転ブラシも役立ちますが、強い刺激にもなりますので、フィルムを使用しているときは避けたほうが無難です。
仕上げ拭きも柔らかな布で優しく丁寧に行いましょう。

高級車を所有する場合はプロテクションフィルムを紹介されることが多い

高級車を所有する場合はプロテクションフィルムを紹介されることが多い プロテクションフィルムの最大のメリットは、3D施工に対応しており、曲線美にも優れた高級車のボディやウインドウなどを保護する上で最適な点です。
その特徴は耐摩耗性と柔軟性に優れ、衝撃を吸収し分散させる機能が存在する点でも優れております。
もちろんプロテクションフィルム自体の透明度に関しても鮮明なため、ボディの美しさや艶が出た状態のまま保護してくれます。
実際には高級車を乗る場合には、ボディやウインドウなどの保護を手厚くしたいという需要が存在するのも確かです。
そのためプロテクションフィルムを施工する企業を紹介されるケースも多く、実際にその所有者がよく相談に訪問することもあります。
近年はカーショップなどの様々な店舗でもプロテクションフィルムの施工を行ってくれるケースがあり、人気も急上昇しています。
その魅力はガラスコーティングとの併用にも対応しており、しかもガラスコーティングでは難しいウインドウ部分もしっかり保護を行うことができることです。
高級車を購入したディーラーにおいても、プロテクションフィルムの施工をオススメされることも多く、紹介を受けることもできます。
もっとも相談から始め、長年綺麗な状態を維持したまま乗りたい場合には、適切なアドバイスと施工で対応してくれる店舗もよく見かけます。

プロテクションフィルムについてはコチラもチェック

プロテクションフィルム